海外ドラマ|打ち切りになった作品20選まとめ!理由や特徴についても

最近は、BONESとかNCISとか、10年以上も続いているドラマも当たり前みたいに日本でも見れるようになりました。

毎年22回前後×放送年数だから、すごいエピソード数で、アメリカでは5年続いて100回を超えれば成功作品といわれます。

そしてそれは言うなればメジャーリーグの大スター級の選ばれた大ヒット作品。

しかしアメリカのテレビ界はかなり競争が激しくて、視聴率が取れないと見るや、ばっさりと打ち切られてしまった作品も多くあります。

エピソード数は11回とか13回、なんとか1年、かろうじて2、3年続いたというのもあり、ショートリブ作品とも言います。

はっきりいって成功作品とは言えず、あまりに視聴率が取れなかったために制作されても未放送分があるのにお蔵入りにされてしまうものさえあるのです。

でも、なかには何で打ち切りになったんだろう、続きがあればいいのにという面白い作品があるので、ご紹介しますね。

最近の主な打ち切りドラマ

「アンフォゲッタブル」2011~2016年(61話)

完全記憶障害という、一度見たものは絶対に忘れることができない特殊能力を持ったキャリー刑事が主役。キャリーは見たままをすべて記憶できるが、子供の頃に姉を殺害されたことについては覚えていないという過去のトラウマを抱えつつ、上司で元カレのアル警部と組んで、特殊な記憶力を武器に事件を解決していました。

このドラマは4年続いたのですが、最初のシーズンはキャリーとアルはNYPDニューヨーク市警の刑事だったのに、2年目からはFBIに出向ということで、脇役キャストをがらっと一新されてしまっていること、また最終回は打ち切り作品特有の、あり得ないようなクリフハンギングで終了となっていることで、ある意味典型的な打ち切り作品のスタイルではないかと思います。

\Amazonプライムビデオでシーズン1〜3配信中/アンフォゲッタブルを視聴する

「オールモスト・ヒューマン」2013年(13話)

JJ・エイブラムスの映画「スター・トレック」の若ドクター・マッコイ役でおなじみのカール・アーバンが主役で、2048年が舞台、人間の刑事がアンドロイドとともに事件を捜査し解決していく近未来SF要素もある刑事ドラマです。

主役のケネックス刑事は、職務遂行中に片足と当時の相棒を失って、17か月の昏睡状態から覚めて義足で職場復帰。相棒をアンドロイドにと言われ、人間に近すぎと言われて廃棄処分となったドリアン型ロボットを選んだが、協調性がなく事件のトラウマもあって暴走気味のケネックス刑事と、感情があることをコンプレックスに思っているドリアン型アンドロイドとの凸凹コンビは、けっこう微笑ましくてコメディータッチ。

しかし、大きな陰謀が明らかになる前に打ち切りに…。

\TSUTAYA TVでシーズン1配信中/オールモスト・ヒューマンを視聴する

「フォーエバー」2014年(22話)

NYPDの検視医ドクター・モーガンは30代半ば、200年前に不老不死になったという不思議なイギリス生まれの男性です。検視局へ出入りする殺人課の女性刑事と組んで事件を捜査し解決するドラマです。

ドクター・モーガンは殺されてもその場から消えて近隣の川とか海とかに真っ裸で浮かび上がるという、特殊な生還スタイルで蘇ります。
彼の唯一の家族は70代のアンティークショップを経営するエイブですが、彼はドクター・モーガンと失踪した妻のアビゲイルが第二次世界大戦中に養子にした「息子」で、唯一ドクター・モーガンの秘密を知っているという設定です。

ドクター・モーガンはかなりの物知りでうんちくを語りだすと止まらないとか、失踪したアビゲイルの秘密、また敵の出現、年が逆転した息子を演じるジャド・ハーシュとの不思議に微笑ましいやりとりなどが見どころです。

\TSUTAYA TVでシーズン1配信中/フォーエバーを視聴する

「ママさん刑事ローラ・ダイヤモンド」2014年〜2年(38話)

シットコムの「ウィル&グレイス」で一世を風靡したデブラ・メッシングが主役でNYPD2分署殺人課のローラ刑事を演じています。
ローラ刑事は6歳の双子の男の子たちのシングルママで、なんと上司が元夫。彼女は仕事人間だが、ガサツで口が悪くマイペース、昼夜構わない事件の捜査と手のかかる双子ちゃんの世話やベビーシッターの手配などで休む間もないほど忙しくて、おしゃれとか身だしなみをかまわないけどかなりの美人という設定。

ローラは直感も鋭く、プライベートや事件に忙しく対処するうちに、ふとした関りでピンと来て事件を解決する有能さがあるためか、まだローラに未練たっぷりの浮気性の元夫の上司、相棒のラテン系刑事や同僚たちもローラ刑事を温かく見守るという、コメディータッチの刑事ものです。

※残念ながら「ママさん刑事ローラダイヤモンド」を配信している動画配信サービスはありませんでした。

「リミットレス」2015年(22話)

2011年制作の映画「リミットレス」の続編で、売れないミュージシャンでお気楽なブライアンが、友人に脳を100%活性化する薬「NZT-48」をもらって飲んだところ、脳が100%活性化して人生変わっちゃったというドラマです。

ブライアンが友人を訪ねると友人は殺されていて、それをきっかけにFBIに協力して事件を一話完結で解決していくのですが、お気楽なブライアンの自由奔放さにお堅いFBI捜査官たちが翻弄されたりするコミカルタッチもあり、またこの薬の副作用や裏組織の陰謀が明らかになって行く、ブライアントFBI捜査官との恋愛模様や家族との関係などプライベートな問題も盛り込まれ、映画版に主演したブラッドリー・クーパーが制作者で、同じエディ・モーラ役で出演しましたが、1シーズンで打ち切りに。

\Netflixでシーズン1配信中/リミットレスを視聴する

「バトルクリーク格差警察署」2015年(13話)

ミシガン州バトルクリークの小さな警察署に若いイケメンのエリートFBI捜査官ミルトンが派遣されてきて、警察内にFBI支部が出来たのが発端のドラマです。

田舎の予算不足の警察とFBIとでは、最新ハイテク装備を使った捜査方法、マスメディアの注目度など、あまりの格差がありすぎるのに、同じ署内の建物にあるために意識せざるを得ず、また同じ事件を合同捜査するため、やる気のない田舎のベテラン刑事ラスたちが、エリートFBI捜査官としかたなく協力、凸凹コンビとして格差ありすぎのところを笑わせつつ、ラスたちがなぜミルトンが左遷されたのかをこそこそ探り、意外な事実が明らかになる、またラス刑事たちとミルトン捜査官も次第にうちとけていくというストーリーでした。

\Amazonプライムビデオでシーズン1配信中/バトルクリーク格差警察署を視聴する

「ピッチ 彼女のメジャーリーグ」2016年(10話)

100年以上の歴史を誇るMLBアメリカメジャーリーグ野球に、史上初の女性メジャーリーガーが誕生したという設定のスポーツものです。
MLBはドラマではマイナーリーグも含めて、実在のスタジアムはおろか、チーム名やユニフォームも滅多に使わせないのに、このドラマには全面協力、有名スター選手もちらほら登場。

実在のサンディエゴ・パドレスに昇格した変化球投手として登場したジニー・ベイカーが、チームメイトの反発を食らったり、セクハラ、それに初の女性選手として大注目されるプレッシャーにも耐え、チームに認められるようがんばる姿を描いていました。

ジニーを売り込むやたら気の強い女性エージェントやジニーを指導するベテラン捕手、マイナーリーグからの同僚選手、今どき珍しい人情監督、現場とオーナーの板挟みのGMらの脇役たちも多士済々で、打ち切りが決まった後も熱心なファンの運動がありましたが、継続ならずでした。

\TSUTAYA TVでシーズン1配信中/ピッチ彼女のメジャーリーグを視聴する

「タイムレス」2016年(23話+前後編)

アメリカ政府の依頼で極秘に開発されたタイムマシンが、テロリストによって強奪され歴史が変えられようとしていることが発覚し、女性歴史学者のルーシー、パイロットのルーファス、護衛の軍人のチームが編成されて予備のタイムマシンに乗ってテロリストの行方を追い、歴史を変えられるのを防ぐドラマです。

テロリストが立ち向かう巨大な陰謀の解明と、なんといっても歴史ファン垂涎の歴史上の大事件の疑似体験と、主人公らの3人が信頼関係を築いていくところが魅力で、このドラマは1年目も打ち切られる予定がファンの要望で継続2年目は打ち切りとなったが、やはりファンの要望でドラマの締めくくりの前後編が特別に制作されたという、ある意味では打ち切り作品のエース的存在かも。

\U-NEXTでシーズン1〜2を見放題配信中/タイムレスを無料で視聴する

「ザ・ブレイヴ」2017年(13話)

アメリカ国防情報局(D.I.A.)副長官直属のエリート特殊部隊の活躍を描いたドラマです。

特殊部隊のチームは5人で、爆弾処理、女性スナイパー、衛生兵、エンジニア、中東系の潜入専門とそれぞれのエキスパートが揃い、いつもはトルコのアメリカ軍基地の海岸でわんことのんびり過ごしているが、テロ対策や人質奪回、暗殺とかの任務で文字通り世界中に出動し、さらに作戦の実行中もワシントンDCの本部の女性副長官や分析官たちが現地映像を見ながら指示するというリアルさが売りでした。

アン・ヘイシュが戦死した息子がいる女性副長官を演じていて、メンバーたちも戦死した仲間や過去についても触れられていたが、残念ながら13話で続きは作られることはありませんでした。

※残念ながら2020年6月現在「ザ・ブレイブ」を配信している動画配信サービスはありませんでした。

「インスティンクト」2018年〜2年(13話ずつ)

ジェームズ・パターソンの小説のドラマ化で、「グッドワイフ」の脇役でおなじみ、ブロードウエイのスター、アラン・カミングが主役で異常行動が専門の大学教授がNYPDの女性刑事と協力して事件を解決するドラマです。

インスティンクトとは、直感とか本能と言う意味で、この主人公のラインハート教授はベストセラー作家でもあり、バーの経営者(元弁護士)と同性婚の微笑ましいカップル、そしてただの研究者かと思いきや、もとCIAで裏世界の情報も得られるという万能さが売りのかなり個性的な教授、相棒の女性刑事リジーは元カレが殉職して傷心だが有能で、ツンデレだけどラインハート教授の著書の大ファン、このふたりの凸凹コンビと、教授のCIA時代の同僚で裏情報に詳しいジュリアンや、教授の著書の編集者としてウーピー・ゴールドバーグも登場し、博識な教授が毎回うんちくを語りつつ協力して事件を解決していましたが、2シーズンで打ち切りに。

※残念ながら2020年6月現在「ザ・ブレイブ」を配信している動画配信サービスはありませんでした。

「TAKE TWO」2018年(13話)

子役からの若い女優サマンサが人気俳優の婚約者とレッドカーペットでまさかの破局、それも原因でアルコール依存症の治療でリハビリ施設を出たばかりで、復帰をかけた映画主演のために役のリサーチを行うことになりました。

そしてエージェントに紹介された元刑事でやさぐれた探偵エディのところに押しかけて強引に探偵稼業を開始。サマンサは、ロングランドラマで当たり役の刑事を演じたときに得た知識を役立てて事件の捜査に貢献、女優ならではのテクを用いたりして解決するというコメディータッチのドラマです。

ハリウッド育ちで怖いもの知らずで底抜けに明るくポジティブなサマンサと、刑事時代の過去の事件から現役警官に睨まれ陰のある暗い大人の魅力のエディとの好対照が、このドラマの売りで、人気だった「キャッスル」の制作者が次に手掛けた作品でしたが、13話で打ち切りに。

※残念ながら2020年6月現在「TAKE TWO」を配信している動画配信サービスはありませんでした。

「リーサル・ウェポン」2016~2019年(55話)

シェーン・ブラック原作で、メル・ギブソンとダニー・グローヴァー主演の大ヒットシリーズになった映画のドラマ化です。

おなじみのリッグスとマータフの凸凹コンビと、愛にあふれるマータフの家族とのやりとりが微笑ましい刑事アクションコメディー。

映画と同じくリッグスというのは奥さんが殺されて以後自殺願望があって、自暴自棄でアブナイ刑事という設定ですが、これを演じる俳優が撮影現場でもアブナイ人でセクハラだのなんだのと悪評判が続出し、なんと主役のリッグスがシーズン2で降板させられ、シーズン3は新キャラの主役に交代して継続したが、もうひとりの主役のマータフ役の俳優もアクションがきついと降板を希望したために打ち切りに。

\U-NEXTでシーズン1〜3を配信中/リーサル・ウェポンを無料で視聴する

 

そもそも打ち切りの原因や完結作品との違いは?

ここまで代表的な打ち切り作品についてご紹介しました。

ではそもそもなんで打ち切りになってしまうのか?そして打ち切り作品と完結作品の違いや特徴は何か?についてまとめていきたいと思います。

打ち切りになる理由

これは期待した視聴率がとれなかったという場合がほとんどです。

放送局は広告収入で収益を得ているためにスポンサー企業の意向が大きいという事情を考えると、やむを得ないでしょう。

また日本と根本的に違うことは、しっかりした著名な批評家がいて、雑誌や新聞の批評が大きな影響力を持っているんです。

本物の批評家の批評はテレビ局寄りなコメントなど一切なし、遠慮会釈なく、A+、B-、Cとか下手をするとBOMB(駄作)などの点数付き。

プロの批評家がしっかり作品を見て批評しているためにかなり的確なもので、視聴者がそのドラマを見るかどうかに直結していると言っても過言ではありません。それどころか、ドラマがヒットするかどうかの予想もかなりの高確率で当たるほどなので、テレビ局も有名批評家のコメントを軽く見過ごせないレベルなのです。

ということで、人気俳優を主演に制作費に巨費を投じた自信作で大々的に宣伝したのに、放送開始すれば批評家にはたたかれるわ、人気も出ないわで打ち切りになる予想外の大コケドラマは毎年数本は出現します。

また最近の視聴率調査も年齢層、性別など細かい分析まであるため、視聴率は高いがCM枠を買っているスポンサーの希望する性別、年齢層の視聴率が低いという理由で打ち切りになるドラマもあるくらいで、テレビドラマが生き残るためには激烈な競争があるとみて間違いないということですね。

打ち切り作品はクリフハンギングが多い

クリフハンギングというのは、そのシーズンの最終回に向けてストーリーが盛り上げて、来シーズンが始まるまでの間に期待を持たせる話題作りのための手法です。

たとえば主人公が銃撃されて倒れる、幸せなカップルが別離の危機!という、とっても良いところで「to be continued…(続く)」と出て終了、数カ月待たされるわけなのです。

次のシーズンに契約が更新された成功作品ならば続きが作られるので、話も途切れずに続きますし、撮影中に打ち切りが決まった場合は、ドラマの中で登場させた色々な伏線を回収してなんとか最後に話をまとめてあることが多いです。

しかし撮影が終わった後に打ち切りが決まった作品の場合、続きが作られず尻切れトンボとなってしまうのですが、これは打ち切り作品の宿命のようなものでしょう。

尚、日本では出演俳優や近親者でも、なにか問題を起こしたら自主降板して、下手をすれば番組が終了してしまうことがありますが、アメリカの場合はそれはないとみていいです。海外ドラマの俳優が降板するのは保釈中に問題を起こして刑務所に入って撮影できなくなったときですね。

そういえば数年前に主演のシットコムがリバイバルで放送中だったのに、ロザンヌ・バーは人種差別発言をしてしまい、制作者、もちろんスポンサーも許せなかったようで、シットコムも即打ち切りになりましたが、こういう問題発言は別だということは言うまでもありません。

打ち切りは22話以下が多い

ハリウッド製のドラマは何千と言う脚本の中から選ばれてパイロット版として最初の1話映像化され、さらにそこから選ばれてシリーズ化するという厳選過程を経た作品なのです。

しかしそれでも、11月、2月、5月の視聴率月間の視聴率如何、もしくはその期間前にだめだこりゃと放送中止されて、終了となります。

そういうわけで打ち切り作品の大半は9月か10月に開始したものの、11話とか13話というエピソードしかないのです。ただしケーブルテレビ局制作のドラマは別です。

3大ネットワーク局制作のドラマの場合は、最初から22話制作が決定されるものもありますが、まず11話、13話から契約し、視聴率や批評、人気などが高ければ更新継続が普通です。

また1シーズン分(22話)続いたけどダメだった、次のシーズンの契約更新なしというのもあり、エピソード数が半端な数なのはこういう理由があるからです。

ちなみに打ち切られた後の枠は、最初からピンチヒッターとして制作された別の作品が放送される、ミッドシーズンリプレイスメントと言う代打要員もちゃんと用意されています。

その他の海外ドラマ打ち切り作品

序盤で紹介しきれなかった、海外ドラマの打ち切り作品をまとめます。

  • 「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」2011~2013年(29話)
    ルネサンス時代、悪徳の栄を地で行ったローマ教皇アレクサンドル6世とその一家を描いた歴史ドラマ。
  • 「ヒューマンターゲット」2010〜2011年(25話)
    DCコミック原作の要人警護を請け負うスーパーヒューマンのドラマで、クリストファー・チャンス役は打ち切りドラマに欠かせないマーク・ヴァレー(この人が出演したものは打ち切りになることが多いんです)。
  • 「デトロイト 1-8-7」2010年(18話)
    「1-8-7」とは、警察用語で殺人事件のこと。
    あちこちのドラマでおなじみの俳優たちが出演したシリアスな刑事もので、見ごたえ抜群だったが打ち切りに。
  • 「Undercovers」 2010年(11話)
    レストラン、ケイタリングを営む美男美女の元CIAエージェントの夫婦が、元上司に頼まれてパートでスパイ稼業に復帰するコメディータッチのアクションドラマ。
  • 「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」2011~2013年(42話)
    フィラデルフィア警察の女性検視官ミーガンが主役のドラマで、おなじみのマーク・ヴァレーも途中から出演したせいか打ち切りに。
  • 「セカンドチャンス」2016年(11話)
    死んだはずの75歳の元保安官が35歳に若返り、息子のFBI捜査官とコンビを組んで犯罪捜査をするドラマ。
  • 「タイムアフタータイム」2017年(12話) ※7話アメリカ未放送
    19世紀末の若きSF作家HG・ウエルズが発明したタイムマシーンに乗って、21世紀の現代に切り裂きジャックが来訪、ウエルズも後を追ってきたことから始まるドラマだが、アメリカでは5話で打ち切られあとはお蔵入りに。
  • 「APB ハイテク捜査網」2017年(12話)
    親友を殺されたIT長者が、警察を買いとりハイテク機器を駆使し刑事たちと協力して事件を解決しようとするドラマ。

 

まとめ

打ち切り作品といっても、すべてが問答無用で即打ち切りというわけではありません。

作品によっては、放送時間帯を変えて継続したり、制作費を削減される関係などで色々と設定に手を入れてなんとか人気挽回しようとして、主役キャラに少し手をくわえたり、新たなキャラが追加されたり、いっそのこと脇役を入れ替えちゃえとリフォームが行われていて、そこここにあがいた形跡が見られるものも多いです。

また最近は打ち切りが決定しても、その後ファンの要望多数で継続になったり、制作者が他局やネット配信局に売り込んで局を変えて継続されたり、ファンが募金を募って続編が作られたりすることもあります。

打ち切り作品のエースとして語り継がれるのは、1960年代のSFドラマです。このドラマは3年ほど続いたものの低視聴率で打ち切りになりましたが、どうも放送時期が早すぎたらしく、その後の再放送でファンが増え続けました。

そしてキャストや制作者もびっくりするほど多数の熱烈なファンの支持を受け、オリジナルキャストが再結成して1970年代の終わりに劇場映画でシリーズ化し、1980年代終わりから90年代には新世代のヴァージョンドラマも制作放送されて次々とヒットして映画も作られました。

そして21世紀になってキャスト一新、パラレルワールドとして新たに劇場映画でシリーズ化され、テレビで新シリーズも作られ、今や世界中の人が知っている歴史に残る物語に。ついでに言えば、ファンの中からはNASAの本物の宇宙物理学者も多数誕生して宇宙開発に取り組んでいるという、いまや誰知らぬものもない大人気の「スタートレック」なんですよね。

海外ドラマのおすすめ作品を紹介!

海外ドラマランキングでは、数ある海外ドラマ作品の中からおすすめの作品をご紹介しています!

アウトランダー クリミナル・マインドU-NEXT ヴァンパイア・ダイアリーズ U-NEXT ダウントン・アビー U-NEXT
グッド・ワイフ U-NEXT GRIMM(グリム)U-NEXT レジェンド・オブ・トゥモローU-NEXT CHUCK(チャック)U-NEXT
スーツ U-NEXT オスマン帝国外伝 U-NEXT ウェントワース女子刑務所 ゴシップガール U-NEXT
NCISネイビー犯罪捜査班U-NEXT ギフテッド U-NEXT SEX AND THE CITY ウォーキング・デッドU-NEXT

カテゴリーごとのおすすめランキングだけではなく「この作品はどうやって見るのがお得なの?」「この動画を無料で見られるサイトは?」「最新配信作品を知りたい!」というような疑問にもお答えしています。

\配信状況、随時更新中/
海外ドラマランキング

最新情報をチェックしよう!